読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にいきる。頑張らずにのびのびとそだつ私のブログ

嫌味な人の攻略法

いま私の周りは恵まれていて、
家族はもちろん、しんどい時にすくい上げてくれる人、尊敬しているひと、色々と声かけてくれる友人など、ふと考え直したら感謝してしまうような人々だらけでした、ありがとう。

そんな中、新しく始めたリフレクソロジー関係の方で、しょっぱなから無理と思う人に出会ってしまいました。

初めての会話の一言目で年齢を聞かれ、
素直に答えると
えー、40代かと思った〜とか、
独身なん?とか。
一応、そこいらは相手を気遣い聞くものだと思っておりました。

そして大阪人はズケズケ言うのも知ってますが、40代は言われすぎだと思う…と凹んでいました。

でもその人の言動を観察しておりましたら、
常に怒っていらっしゃるご様子で、
言葉も汚く、指示も怒りながらの主語が無い命令形、お客様の前でそれなりの声で怒られたり、裏でおしぼりブン投げてたり、そのくせ上の人が来たら態度変わったりと、お仕事に対するプロ意識からでは無く、嫌味からくる攻撃(指名とかのお金の関係もあると思う)をして来る人なんだと思いました。


その日から凹んで、何でその人が常に怒っていて、キツイ言い方で言われたり、嫌味言われたりしなきゃいけないんだろう。とむちゃくちゃ考えてしまい、自分の時間を損に使ってしまいました。

そして出た結論が
「そう言う人だから」です。
そりゃそうだ!もっと早よ気づけよ!

結局私がどう動こうとムカつかれるのです。

かといって、その人が消えるのを願ってもすぐにはかなわないわけです。

だから私が何を言われても気にしなきゃいいんです。

でも、そんなに心が強いわけじゃない。

そんな私が編み出した方法は
「変なあだ名をつける」でした。

とりあえずその人に付けたあだ名は

「マントロピー ザ パッション」です。

???

もう一度言います。

「マントロピー ザ パッション」です。

元ネタは大好きなブロガーのArufaさんの動画、
兄弟ユニットのエジプトの広場が歌う森羅万象の名前という歌からです。

凹んでるときにこの動画に出会えて良かった!

もしあの人が怒りながら何か言ってきても、
「マントロピーザパッションがまたマントロピーザパッションしてはるわ」

睨みをきかせてきても、
「マントロピーザパッションがパッションな視線送ってくるわ!」

そして理不尽に攻撃された後も、
「・・・それもマントロピーザパッション♪」って心で歌えばオチがついて落ち着きます。

あの人自身とあの人の行動全てをマントロ(ryに置き換えてしまえば、ただただ怯えていた風景もなんだか面白おかしく見える!

とりあえず、シフトに入っているお約束分だけは仕事して、この場所は去ります。
嫌な事しかして来ない人なんか、逃げていいと思うのです。特に30超えたら時間もったいない!

それまではこの攻略法で戦います!
頑張れ自分!
頑張れ嫌な奴に色々されて凹んでるみんな!

ryoccom 




広告を非表示にする