読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にいきる。頑張らずにのびのびとそだつ私のブログ

歯医者のウェブデザインは古い方が信頼度が上がる件

webデザイン html コーディング

こんにちは。

湿気ムンムンの地下鉄から失礼しますよ…

 

ryoccom です。

 

今日、お昼時にお土産のキャラメルを頂いて、元気よく口にほりこんで頬張ってたときのこと。

 

なんの前触れもなく、いきなりキャラメルからカチカチのものが出てきたんですよ。

 

そいでランチ仲間にばれないよう、普段より幾分かエレガントにお口をティシューで拭くふりをして、ぺっと出して確認をいたしましたところ、

 

神社の道に敷かれてる小石のようなものが、口から出てきたわけです。

 

えっ?こんな大層な異物混入ある?ところころ転がしていますと、

おもて面は歯のくぼんでぎゅーっとなっとるあの形になっとりまして、

そこでようやく銀歯がとれたと理解できたんですね。

 

とれた歯は痛くはないものの、突然の事にびっくりして急いでGoogle先生に近隣の歯医者を尋ねると、

さすが都会。何十件と出てきました。

 

まぁ、そしたら検索結果の上の方からクリックしていきますわな。

 

ほいでですよ。1件目。

都心の新築マンションの宣伝みたいなスタイリッシュなサイト。

モノトーンで写真を大きく使ったデザインで、歯医者の受付から器具からインテリアからスタッフ写真まで小洒落たものが貼り付けられており、そのサイトからは上質な空間感が溢れ出ていたわけです。

庶民で貧民の私は、こんな空間では萎縮して口もいつもの3分の1も開けれません。

イケメン歯科医の前なんか喋りも噛むし変な汗でます。

 

続いてみた2件目。なんと、真っピンク。

クリックした瞬間に風俗サイトかと思いました。

使われているフリー素材のモデルもじゃっかんヤンキー系です。どうして!!

多分美容歯科を押してるところなんですが、それはそれは身体に悪そうなピンクで怖かったのですぐ閉じました。

 

そう思って3件目。

開いた瞬間ここだと。

懐かしい2カラムテーブルレイアウトの、薄めのグリーンがキーカラーで、ちょっとズレ目の更新履歴にお医者様の頑張って書いてる感が垣間見えます。

うん、抜群な安定感。

下手にデザインに凝ったサイトよりも、下手でも病院らしい配色だったり、頑張りが見え隠れしたり、古いテーブルレイアウトのかっちり感が、経験の豊富さを物語るように思えた。

 

歯医者って他の医者よりも顕著に痛みを感じるというか、歯医者のイメージを想像するだけで痛みや口の気持ち悪さや若干の恥ずかしさや、それはもう色んなネガティブ大集合なので、もし自分が作ることになったとしたらtdの中にtableばんばん入れ込む懐かしのスタイルを使う事も一瞬だけ考えることにしよう。いやしないけどきっと今日感じたことを思い出そう。

 

色んな事を感じ、勉強になったと思いながら、雨傘をひらき、歯医者に向かう。

 

そう。実家の近くのいつもの歯医者に。

 

ryoccom 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする