適当にいきる。頑張らずにのびのびとそだつ私のブログ

ラブストーリーは突然(身近)に

今日は実家へ帰るデー

電車に揺られ、1時間半ほど離れた

母の居る実家へ。

 

まぁなんのこっちゃない世間話と、

お引越しの計画と、引越し先を伝えたら

なんと昔、父と母が出会った会社が近く、

慣れない私のiPadでMap開きながら母が

 

ここのスーパーで買い物して、

ここら辺でいつも待ち合わせしてて、

この道をいつも通っててねー、

もう40年もたつんかーと。

 

まぁ、そうかそうかと話を聞いて、

また世間話して、

お野菜をたくさん頂いて、

帰りました。

 

帰り道、最寄駅から徒歩16分の

我が家へと歩いてる途中、

ふと気づいてしまいました。

 

 

40年間ずっとパパの事好きなんかーい!!

 

 

お母さんが慣れないiPad見ながら、
一生懸命説明してくれたことは、
全部パパへの惚気だったのです。

 

 

 

そして、私のパパは私が物心つく前に亡くなっています。(なので呼び方もパパのままです。)

 

 

 

そんなに純粋な愛があるのかよ!! と思ったら、帰り道で自然と涙が溢れた。

 

 

父と母は多分10年くらいしか一緒に居れなくて、その後30年も母は1人でやんちゃな私と兄を育てて、巣立たせくれました。

 

 

一方パパは私がまだ幼稚園の時、朝起きてこずに冷たくなってしまって、もう起きる事はなかった。

 

 

私が30歳になったとある日、

夢まくらに亡きパパが立ち、

たった一言、

 

「ごめんね」

 

といい、私はその時、意味もわからないのに号泣して起きましたが

 

私はずっと何処かで何で死んでしまうんと、

怒っていた事に気付きました。

 

 

ただ、よっぽど死んでも死に切れなかったのでしょう。

だから私に謝りに来てくれたのかな。

 

 

働きすぎのお父さん方、

会社に尽くしすぎて死んでしまったら、

こんなに純粋に想っていてくれる人を残して、

成仏できませんよ!

しかも後で謝りに来ないと!(;ω;)

 

 

なんだか嬉し恥ずかしだし、

パパに馬鹿やろうー!って言いたいし、

なんか涙目で

尿意がヤバイ

 

喜怒哀楽的なモノを全て体現し

大量のお野菜を抱え、

足早に歩く女

 

それがこの父母から生まれた娘です。

 

 

 

広告を非表示にする