読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にいきる。頑張らずにのびのびとそだつ私のブログ

ラブストーリーは突然(身近)に

今日は実家へ帰るデー

電車に揺られ、1時間半ほど離れた

母の居る実家へ。

 

まぁなんのこっちゃない世間話と、

お引越しの計画と、引越し先を伝えたら

なんと昔、父と母が出会った会社が近く、

慣れない私のiPadでMap開きながら母が

 

ここのスーパーで買い物して、

ここら辺でいつも待ち合わせしてて、

この道をいつも通っててねー、

もう40年もたつんかーと。

 

まぁ、そうかそうかと話を聞いて、

また世間話して、

お野菜をたくさん頂いて、

帰りました。

 

帰り道、最寄駅から徒歩16分の

我が家へと歩いてる途中、

ふと気づいてしまいました。

 

 

40年間ずっとパパの事好きなんかーい!!

 

 

お母さんが慣れないiPad見ながら、
一生懸命説明してくれたことは、
全部パパへの惚気だったのです。

 

 

 

そして、私のパパは私が物心つく前に亡くなっています。(なので呼び方もパパのままです。)

 

 

 

そんなに純粋な愛があるのかよ!! と思ったら、帰り道で自然と涙が溢れた。

 

 

父と母は多分10年くらいしか一緒に居れなくて、その後30年も母は1人でやんちゃな私と兄を育てて、巣立たせくれました。

 

 

一方パパは私がまだ幼稚園の時、朝起きてこずに冷たくなってしまって、もう起きる事はなかった。

 

 

私が30歳になったとある日、

夢まくらに亡きパパが立ち、

たった一言、

 

「ごめんね」

 

といい、私はその時、意味もわからないのに号泣して起きましたが

 

私はずっと何処かで何で死んでしまうんと、

怒っていた事に気付きました。

 

 

ただ、よっぽど死んでも死に切れなかったのでしょう。

だから私に謝りに来てくれたのかな。

 

 

働きすぎのお父さん方、

会社に尽くしすぎて死んでしまったら、

こんなに純粋に想っていてくれる人を残して、

成仏できませんよ!

しかも後で謝りに来ないと!(;ω;)

 

 

なんだか嬉し恥ずかしだし、

パパに馬鹿やろうー!って言いたいし、

なんか涙目で

尿意がヤバイ

 

喜怒哀楽的なモノを全て体現し

大量のお野菜を抱え、

足早に歩く女

 

それがこの父母から生まれた娘です。

 

 

 

もったいないなぁと思った話し

https://togetter.com/li/1084135

Facebook でtogetterのタイムラインが流れてきて、フリーランスに良くある未払いの話しかなってクリックした、大森靖子さんとさくらいかおりさんの件。

 

どちらも知らない方なので、twitterでの2人のやりとりとかを遡ってみたり、大森靖子さんについてググったり、PVをみてみたり。

 

そしてさくらいさん側もググってみようとHPを見たときに、びっくりしたのです。

http://light-and-lightness.jp

(ぜひPCで大きな写真で見て欲しいです!)

 

なんと素敵な作品を作る方なんでしょう。

 

あまり服飾等に興味ない方なんですが、一つ一つの衣装がカラフルで可愛かったり、美しかったり、細かなディティールがすごかったり、インパクトがあったりと、歳を忘れてときめいてしまいました。むっちゃ可愛い。

 

衣装にかける熱量というか、愛というか。それが伝わってくるような作品ばかりだったのです。

 

最近、自身の仕事ではなにか、飽きのようなものを感じていたのですが、さくらいさんの作品を見て、これくらいの愛が込めれる仕事を私はして来たのかな?と頭を打たれる思いでした。

 

こんな不本意な形で、衣装をつくらなくなるのはもったいないな、いなくなってしまうなんてなんてもったいない事だろうと思いました。

 

作り続けて欲しいなぁ。

 

けれど私には何にも助けてあげれる事がないし、どっちが悪いとか決めつける事もできない。でも今後もさくらいさんの手がけた作品が見たいから、せめてあなたの作品が好きだと発信しようとこの記事を書きました。

 

まぁこんな末端のブログなんぞなんの役にもたたないかもですが。

 

でもまさかの万が一、なんでそっちばっかり肩もつねんと、大森さん側のファンに何か言われたらどないしようと少し怯えてもいます。

 

おおこわ

いつのまにかfirebug終わってた件

仕事でFirefoxメインでコーディングしてる人が、firebugのアイコンの上にエラー数が出てて、デベロッパツールとか使わなくたってパッと見でエラー吐いてるのわかるのいいなーと思って、久々にFirefox開いて、ほいならfirebug入れてもなかったので(メインはChromeさん)入れてみたんですよ。

 

ほいなら虫のアイコンが出ますわな。

ほいでそれ押しますやん。

虫のアイコンが色づきますやん。

 

それが無いんですわ。

カーソルをアイコンに合わせたら、非アクティブとかゆうとりまして、何でや?と調べたら、最新バージョンが動かず、ダウングレード対応で乗り切った記事があったのですが、

気になったので英語で検索し、質問のフォーラムみたいなのをのぞいて見ると、

開発終わってるよ!普通にFirefoxのDev tool使いなよ!って書いてあった訳で、びっくり。

 

昔はFirefoxfirebugめちゃ使ってたのに、開発が終わったりすることも全く考えてなかったけど、こんなこともあるもんやなと少しばかりの寂しさを感じましたとさ。

 

なんで、私も最新バージョンが動かないので過去バージョンを入れましたとさ。

あの虫のアイコン、昔はGのかたちぽくて若干嫌やったけど、よく見たらホタルぽいような気もしていた。

最近のアイコンは虫が燃えてたね、

燃え尽きちゃったのか。

 

一つの時代がこっそり、ひっそりと終わっちゃったんだなー。

 

ぬんぬん。

 

 

子宝祈願!うさぎいっぱい!岡崎神社

へいぽー!ryoccomです。

仕事、家事、仕事というルーチンにも慣れ、余裕が出てきたけふこのごろ。

 

外を見ると、まぁ素敵な秋晴れ!!

こりゃお出かけせねばと、仕事を早めに終わらせて、どこに行きたいかと思ったら、最近忘れていたあの感情、神社仏閣行きたい欲!

 

なので、ちゃちゃっと用意して、いざ京都へ!

今回行きたいと思ったら神社は、岡崎神社。

なぜ、ここに決めたかというと、わたしがうさぎ大好きだからでございます(^ω^)

 

京阪電車神宮丸太町駅へ。

駅をおりて、神社の方向をGoogleマップで確認。進行方向がわの車線のバス停で待ちます。

そしてバス204路線にのりこみ、岡崎神社前で下車です。(何路線かあるようです、バス停にどの駅に止まるか記載があったので、ご確認ください)

 

降りたらすぐ、神社がみえますよー(^ω^)!神社の入口で、うさぎさんのちょうちんが出迎えてくれます(^ω^)

f:id:ryoccom:20161012183805j:image

 

和風うさ!かわいい!

そして、子宝祈願で、お腹をさするといいとされる黒うさぎさん

 

f:id:ryoccom:20161012183905j:image

 

なでなでーさすさすー(^ω^)

元気なお子さまウェルカム!

 

絵馬には沢山子宝祈願メッセージが書かれていて、前向きな温かい感じがします(^ω^)

 

f:id:ryoccom:20161012184125j:image

f:id:ryoccom:20161012184132j:image

 

狛犬ならぬ、こまうささん。

頭を撫でると良いみたい(^ω^)

なでなでーさすさすー(^ω^)

 

そして、お参り。

元気なお子が宿りますようにー

 

って、願ったのですが、心の中に

まだ少し、旦那さんと遊べる時間が欲しい

っていう気持ちが湧きました。

 

きっとそれがわたしの本心なんでしょう、

焦らなければいけない年齢ではありますが、

素敵なタイミングで来てくれたらいいななんて、思いました。

 

参拝後、時間がまだあったので徒歩で平安神宮へ。結構近くて、10分ちょい位で到着(^ω^)

 

f:id:ryoccom:20161012184647j:imagef:id:ryoccom:20161012184650j:image

 

でかー!!かっこいい!

 

ぽかぽか夕日に、参道沿いを散歩しながら、気分良く帰ってまいりました(^ω^)

 

今日ゲットしたもの

f:id:ryoccom:20161012184812j:image

 

うさぎおみくじ 1羽 500円

 

旦那さんとおみくじオープン祭りするため

晩御飯の準備をいたします(^ω^)

 

お子さまが欲しいと思っている、優しいパパママの願いが叶うといいなぁ

 

ryoccom 

 

 

自分にぴったりな人に出会えるようにと思ったら結婚できた件

真夜中におこんばんわ。ryoccomでございます。

突然ですが、お嫁にいけました。

行ったといってももう、4か月も前ですが。でも、去年の今頃は葛藤してたのです。早く結婚したいのにと。

それまでは色々とあんまりな男性にひっかかると言いますか、残念な男性経歴だったんですが。

去年、仕事を辞めて、人生やりたい事やろうと旅にでたんですよね。

行ってみたかった、ニュージーランドとタイ。(真逆)

どちらかというと、どうやらタイが肌に合うようで、熱い毎日ながら色々と刺激をうけたり、美味しいごはんを食べたり、出会った仲間と連れ立って郊外の街に出た時。

日本にいない私は、どうやら本来の自分に戻れるというか、なんかのびのびできるというか、いつも顔面ゴリラなのを気にして笑う時も少し含笑いになったり、人からどう見られてるかばっかり気にしていたけど、

知らない土地、知らない人々に囲まれたりすると顔面外面気にせず子供みたいにはしゃぐ自分がいて、そこで思ったんですよね。

今の、この自分が本当の自分だなぁと。

そしたら、毒が抜ける様に楽になったのです。

そうして毒が抜けた後、また男の人について考えてみた時、普段、自己啓発本に触発されてノートに出会いたい理想の男性のタイプを書き綴ったりしていたのですが、それは全部、他人から私が見られた時にこんな人と付き合っているのが理想という、私自身を良く見せたいが為のわがままだったと気づきました。

書き綴ったノートはゴミ箱に、思念はタイの大自然にポカーンと投げ捨てて、

自分にぴったりな人が現れますように

とだけ思うようになりました。

そうしたら、案外すぐに、案外身近に、私をとても大切に扱ってくれる人が現れました。

付き合い始めた時、結婚というあれだけ重圧を感じてた言葉を男の人に伝えたら重く感じて逃げてしまわないかと考えて言えやしなかったけど、

案外彼のほうから結婚結婚と言ってくれて、親への挨拶や食事会のセッティングやらもろもろ主導で進めてくれました。

そして、入籍。案外あっさりと入籍しちゃいました。入籍したからって、あんまり舞い上がったりしなかったです。全部彼のおかげだから、どっちかというと感謝しかなかった。

結婚してから一緒に暮らすようになって。

喧嘩もない事はないですが、やっぱりいろいろ感謝してしまいます。大切にしてくれてありがとうと。

今は、前みたいに気持ちの浮き沈みがあまりなくなりました。誰かが側にいてくれる安心感で、すごく楽に過ごせています。

結婚っていい。

私の旦那様ってとてもいい。

そんな旦那様とポケモンを捕まえに行く事が最近の楽しみです。

 

ryoccom 

 

歯医者のウェブデザインは古い方が信頼度が上がる件

こんにちは。

湿気ムンムンの地下鉄から失礼しますよ…

 

ryoccom です。

 

今日、お昼時にお土産のキャラメルを頂いて、元気よく口にほりこんで頬張ってたときのこと。

 

なんの前触れもなく、いきなりキャラメルからカチカチのものが出てきたんですよ。

 

そいでランチ仲間にばれないよう、普段より幾分かエレガントにお口をティシューで拭くふりをして、ぺっと出して確認をいたしましたところ、

 

神社の道に敷かれてる小石のようなものが、口から出てきたわけです。

 

えっ?こんな大層な異物混入ある?ところころ転がしていますと、

おもて面は歯のくぼんでぎゅーっとなっとるあの形になっとりまして、

そこでようやく銀歯がとれたと理解できたんですね。

 

とれた歯は痛くはないものの、突然の事にびっくりして急いでGoogle先生に近隣の歯医者を尋ねると、

さすが都会。何十件と出てきました。

 

まぁ、そしたら検索結果の上の方からクリックしていきますわな。

 

ほいでですよ。1件目。

都心の新築マンションの宣伝みたいなスタイリッシュなサイト。

モノトーンで写真を大きく使ったデザインで、歯医者の受付から器具からインテリアからスタッフ写真まで小洒落たものが貼り付けられており、そのサイトからは上質な空間感が溢れ出ていたわけです。

庶民で貧民の私は、こんな空間では萎縮して口もいつもの3分の1も開けれません。

イケメン歯科医の前なんか喋りも噛むし変な汗でます。

 

続いてみた2件目。なんと、真っピンク。

クリックした瞬間に風俗サイトかと思いました。

使われているフリー素材のモデルもじゃっかんヤンキー系です。どうして!!

多分美容歯科を押してるところなんですが、それはそれは身体に悪そうなピンクで怖かったのですぐ閉じました。

 

そう思って3件目。

開いた瞬間ここだと。

懐かしい2カラムテーブルレイアウトの、薄めのグリーンがキーカラーで、ちょっとズレ目の更新履歴にお医者様の頑張って書いてる感が垣間見えます。

うん、抜群な安定感。

下手にデザインに凝ったサイトよりも、下手でも病院らしい配色だったり、頑張りが見え隠れしたり、古いテーブルレイアウトのかっちり感が、経験の豊富さを物語るように思えた。

 

歯医者って他の医者よりも顕著に痛みを感じるというか、歯医者のイメージを想像するだけで痛みや口の気持ち悪さや若干の恥ずかしさや、それはもう色んなネガティブ大集合なので、もし自分が作ることになったとしたらtdの中にtableばんばん入れ込む懐かしのスタイルを使う事も一瞬だけ考えることにしよう。いやしないけどきっと今日感じたことを思い出そう。

 

色んな事を感じ、勉強になったと思いながら、雨傘をひらき、歯医者に向かう。

 

そう。実家の近くのいつもの歯医者に。

 

ryoccom 

 

 

 

 

 

 

Pokemon go がネガティブ記事に埋もれるのが悲しいと思う話

こんにちは!

流行りに乗っかって、随時ポケモンが居ないかチェックに余念がないryoccom です。

配信が始まると同時に深夜徘徊するトレーナーたちの姿や、事件、事故等含めていろいろ話題になってます。

ただ!ただですよ。私はすごくいいゲームだと思うんです。

ポケモンのせいで」

という言葉が巷のニュースに乗っかって、ネガティブに思う人が増えたら嫌だなと。

だからこのゲームの良いところを紹介しようと思いました。

ゲームボーイの白黒ドット画面から美しいグラフィックになった懐かしいモンスターたちが、実際に自分の足で探すというリアルな体験と共にのっしのっしとやって来た、それが私にとってのPokemon goです。

アプリをダウンロードしたその週末は、近くの公園にたくさんポケストップがある事を発見し、旦那と2人でまるで夏休みの虫とり少年が如く汗水垂らしてポケモンを探しました。

普段、夫婦2人パソコン仕事でインドアなのに、炎天下外に出てはしゃぐという初めてのアクティブ経験。こりゃダイエットになる!

しかもそれは遠くなく、歩ける範囲の近所で楽しめるのです。

私の住んでいる地域は、コイキングがよく出てきて、比較的水タイプのポケモンが多い事や、近所の小さな寺院がポケストップで、そこに毎回ありがたい言葉が貼ってあったりだとか、お地蔵さんがいらっしゃったりだとか、普段全然気づかなかった小さな景色や、遭遇率がアップしたのらねこさん、ヒトカゲゲットして大はしゃぎしている旦那さん…。

なんというあたたかい光景でしょう。

日本って平和。

そして、公園で沢山の人がプレイしている光景も何だか面白い。

異様といえば異様で、不気味に感じる人もいるかもしれないけど、ここにいる人の目的はピカチュウ探しとか、そんな風に思ったら安心できるというか、ヤンキーのたむろみたいな怖さはない。

あと、コミュニケーションのツールとして抜群なんではないかと。

今の時代、ネットに色んな趣味、娯楽のヒントがあって、好きなもの、影響されるものも人それぞれ違って、共通の話題を持つ人に中々出会いにくいかもしれない世の中だけれど、

Pokemon goは子供から大人、海外の人だってプレイしているから、そんな人たちと繋がれる共通の話題になるんじゃないかな。なったらいいな(^ω^)

歩きスマホやながらスマホが論外なのは何もポケモンに限った事じゃないと思うし、あんまり悪者にしないでやっておくれよーというのが私の今の気持ちです。

できるだけ攻略法とか見ずに、長く楽しめるといいな!

Pokemon go楽しいよ!

 

Ryoccom